稽留流産のこと3

稽留流産疑いあり、次の診察で確定診断が下ったら入院・手術の予定となった。次の診察は、5日後。

それまでの間に大量に出血することがあれば、電話してすぐに来てくださいと言われる。しかも、出たものを持って来てほしいとのこと。


家に帰ってから、ベッドに横になる。また涙が出る。確定診断が出なかったことで、もしかしたら5日後には動いているかも知れない、なんて淡い期待もほんの少し抱く。

仕事は休むことにした。運良く連休前。そのまま眠りにつく。


それから診察までの数日は、変な体調の繰り返しだった。

実は、今から思えば先日の検診の数日前からも、体調は変だった。

オリモノが出ていて、また、腰痛がひどく座っていられなくて早退した日もあった。検診前日はお腹も少し痛かった。ただ、ネットで見る限りこういう症状は妊娠の初期症状としてみられるみたいだし、胸は張っているし気持ち悪さ(悪阻的な)もあったので、気にしないようにしていた。


だけど、稽留流産疑いと言われた翌日からはまず、右下腹部の痛みが強く、夜中に腹痛で目を覚ますこともあった。

食べるとすぐ下痢をした(これは食べ過ぎのせいかも…)

2日後くらいから胸の張りが少しずつなくなっていって、「あぁ、これはもうダメなんだ」という感触が湧き上がって来た。

身体から赤ちゃんがスルスルと抜け出てしまっていく感覚。

夫は、まだ決まったわけじゃないからと、慰めてくれたけれど、私はもうダメだろうと全身で感じていた。夫を悲しませたくなくて口にはしなかったけれど。

出血するのが怖くて、ほとんど家の中で寝たり本を読んで過ごした。気持ちは上がったり下がったりの繰り返し。前述のようにダメだろうなーと身体が感じて覚悟は決まっていく一方で、手術への不安がどんどん大きくなっていった。


ネットで経験者のブログや掲示板をたくさん読んだ。身近な経験者にも話を聞いた。自然に出るのを待った人や予定外に出て来てしまった人は皆、出血量がすごかったそうだ。それから、皆やはり医師から出たものを持ってくるよう言われているが、トイレで出てしまったものを取り出すのは無理だったとも書いてある…そうだよね、トイレの中に手を突っ込むわけにもいかないし…

助産師の友達にも話を聞いた。その頃一番の疑問だった、手術の人と自然に待つ人とだったが多いのか(スタンダードなのか)という質問には、自分は直接手術に関わったことはないけれど、過去に流産経験のある妊婦さんで手術をした人は少なくない印象だ、と教えてくれた。

また、自然に出るのを待つ場合、出てこない間に感染症になってしまうリスクもあるらしい。あとは、自然に出たとしても、全部が出てこなくて残ってしまった場合はやはり手術しなければならないかもしれないらしい。


そんな話を聞いていたら、手術という選択は悪くないものだと思えるようになった。それが診察前日の夜…もともと不安を抱えながらの決断だったし、自分の選択を疑ってやっと戻ってこれた。

でもまだ不安が無くなったわけではない。なんせ初めてかかる病院で、初めての先生なんだから。

病院は総合周産期母子医療センターに指定されており、NICUもMFICUもある。きっと良い先生が集まっていた教育や研修もしっかりしているに違いない。

と自分や家族に言い聞かせた。



稽留流産のこと2

近所のクリニックで稽留流産疑いと言われ、自宅でひとしきり泣いた後、紹介先の病院に向かった。

初めて行く病院。

思えば成人してから、こんな大きな病院に患者として行くのは初めてかも。初診の手続きなど分からなくて右往左往する。

急患なので待たされる。待合室にはたくさんの妊婦さん。ぼーっと、掲示板とか壁のポスターとか見て過ごす。

しばらく経ってから、ネットで稽留流産について調べ始めた。稽留流産そのものについての説明記事はあるものの(用語の説明、起きる確率、考えられる原因など、"起きるまで"の話)、それになった後、妊婦さんに何が起きるのかについて説明している記事は見当たらない。

探すうちに経験者のブログが出て来た。


ーーん?手術って書いてある、、、?


手術!そんなことは全く頭の中に無かった私は軽くパニック。じゃあどうなると思っていたのかと問われれば困るけれど、薬など飲んで終わりかと思っていた。

私に常識がないだけなのか?みんな知ってることなの?

手術、手術、手術、、、

流産のショックは手術への恐怖心にすっかり飲み込まれてしまった。慌てて検索し直す。「稽留流産  手術」


やはりブログ記事が役立つ。

日帰りの場合も、入院の場合もあるらしい。

そうこうしているうちに名前を呼ばれる。

診察室が埋まっているらしく救急外来で診察を受ける。

女医さんが2人(多分研修医と指導医)。改めてエコーで診察を受ける。やはり、赤ちゃんの心拍は確認できなかった。

「初めの先生の見立てと同じですね。ただ、私たちの病院で診察するのは今日が初めてなので、日をあけてもう一回診察してから、確定診断をしたいです」

とのこと。もう一回きちんと確認したいと言ってくれたことで、信頼できそうな先生達だなと感じる。


年の瀬ということもあり、もしも確定診断が出た場合についての説明も受ける。

稽留流産と診断された場合、1. 赤ちゃんや子宮内の組織が自然に出るのを待つ方法、2. 手術で取り出す方法、の2つがあるとのこと。

どちらが良いですか?と聞かれる。どちらが良いって言われても…今日さっき稽留流産て初めて言われて、2つの方法があるなんて今聞いたばかりだし、2つそれぞれのリスクも分からないのに選べない。

とりあえず、「手術の方が次の妊娠がしやすいとか、そういう違いはあるんですか?」と質問。

「うーんと、自然に待つことの一番のデメリットは、いつどこで出てくるかわからない、ということ。それから、かなり多く出血するので、ビックリして救急車を呼んでしまう人もいるくらい」

しゅ、しゅっけつ、、、救急車を呼ぶくらいの出血量に自分が耐えられるとはとても思えない、、、生理には慣れていても血はダメなのだ。医師のこの言葉で私の気持ちは一気に手術に傾く。

「仕事もしていていつ出血するかわからないのは困るので手術でお願いします」

医師たちはその答えを予想していなかったのか、ちょっとビックリしたような顔に見えた。それも一瞬のことで、すぐに手術の空きなどを確認してくれて、次の診察の日にやはり稽留流産と診断されたら、そのまま入院することになった。

朝、最初の病院に行ってからここまで4時間の出来事。急展開すぎて自分の口が自分じゃないみたいというか、手術を選んだのは自分だけれども、状況について行けていない。

選ばされたと言ったら先生達に悪いけれど、選ばざるを得なかった、というのが正直な感想だ。



続く。


稽留流産のこと1

年末、稽留流産を経験した。

担当してくれた医師たちは皆、親切だったけれど、自宅に戻った後、情報を得ようとしても、病院のサイトにも、医療者が書く記事にも、流産した後にどうなるか・何をされるかはほとんど書かれていない。

何が正解かわからなくて怯える私の不安に応えてくれたのは、ネットで見た経験者のブログ記事だった。

だから、私も書こうと思う。経験したことをそのまま。


その日病院に行ったのは、普通に定期検診のためだった

1週間前の検診で、先生は心拍が見えたと言った。私は画面を見てもわからなかったけれど、次回の検診ではっきり見えるだろうと思って、気にしなかった。

ところがその日、エコーを見てた先生が「あれ?」って。

私にも画面を見せてくれて、胎嚢はあって赤ちゃんらしき影もあるけど、見えるはずの心拍が見えないと言われた。

確かに画面に映るモヤモヤの影はあっても、チカチカ光るものは見えない。

8週目の終わりだった。

診察室の椅子に戻って、先生はテキパキと説明してくれた。心拍が見えないだけでなく、胎嚢の大きさも1週間前からほとんど変わっていなかった。

その病院ではその後の手当てができないからと、近くの大きな病院にその場で電話して紹介状も手配してくれた。

あれよあれよと進む中で、先生が電話で「稽留流産疑いの妊婦さんです」と言ったのを聞いた瞬間、涙が溢れ出て来た。

頭では知ってた。10〜15%の妊婦は初期に胎児が育たなくなることがあること、その原因は胎児の染色体異常がほとんどであり妊婦にはどうしようもないこと。

その同じことを先生が今、目の前で説明している。「よくあることなんだよ。受精の瞬間に決まっているんだよ」と。

優しい眼差しで、労わるような声で。

だけどまさか自分の身に降りかかるなんて…

ショックで涙が止まらない。

なんとか抑えて診察室を出たけど、ロビーには妊婦さんとか小さい子供を連れたママたちの姿。

ーーここから早く出たい。

それしか考えられなかった。名前を呼ばれたらすぐにお金を払ってさっさと病院を出た。家に駆け足で戻って玄関に入った瞬間、大声をあげて泣いた。

泣いて泣いて涙が止まるように願って泣きまくった。だってこれから紹介先の病院に行かなければならない。


続く。

超入門!落語 THE MOVIE

NHKの番組。
たまたま放映しているのを観て知ったけれど、不定期なのか、全部はみれていなかった。
それが昨日特番で去年の分を一挙放送していたのでまとめて鑑賞。

実際の落語に、そのストーリーを映像化(演劇)したものを重ねて流すという番組。
映像があることで初心者でもわかりやすく楽しめる。
だけでなく!
映像の中で役者さんが、落語家の喋りに重ねて口パクで演技するのだけれど、逆に噺家のスピードとコミカルな調子や間合いが際立って非常に面白い。
落語家さんてすごいんだなぁと改めて思う。

落語は行ってみたいみたいと思いながらまだ経験できていない。
今年こそは是非生で聞いてみたい。

2016映画

スティング

娚の一生

◯サイダーハウスルール

のようなもの(途中まで)

ハッピーエンドの選び方

○シェアハウスウィズヴァンパイア

○アイアムサム

ヴァチカン美術館の

プライドと偏見

リスボンに誘われて

福々荘の福ちゃん

フルモンティ

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ユーガットメール(途中から)

ウィークエンドはパリで

ビッグ・アイズ

○天才スピヴェット

マネーショート 〜〜大逆転

キャロル

レインマン

007 ドクター・ノオ

007 ロシアより愛をこめて

007 スカイフォール

チャッピー

7月4日に生まれて

ペリカン文書

リリーのすべて

オデッセイ

007 ボンドは2度死ぬ

博士と彼女のセオリー

ズートピア

スイミングプール

ジョゼと虎と魚たち

◯GATTACA

○海街ダイアリー

リベンジ・トラップ

チャーリー・モデルカイ 華麗なる絵画

エクスマキナ

ペコロスの母に会いに行く

毎日がアルツハイマー

○アリスのままで

しわ

アントマン

みんなエスパーだよ!(これはひどい笑)

○(役者がみんな好きという意味で)at home

○イミテーションゲーム

○ステキな金縛り

有頂天ホテル

◎駆け込み女と駆出し男

◎ザウォーク

◎マンオンワイヤー

トゥモローランド

○24週間

スタンドバイミードラえもん

コンフェッション ある振付師の過ち

インサイドミー

ハドソン川の奇跡

女系家族

マイインターン

5時から7時の恋人カンケイ


計60作品

平均すると週1本以上なので、目標達成!

昨年観た中で最も良かった作品は、

邦画→駆け込み女と駆け出し男

洋画→リスボンに誘われて

今年も名画に出会えますように。

新年

今週のお題「2017年にやりたいこと」


運動習慣をつける(腹筋と骨格を意識)

語学に注力する(英語とスペイン語)

無駄な疲労を生まないような生活習慣を心がける(不必要なテレビをダラダラ見ない、不要なネット検索・携帯使用を控える、隙間時間で家事をする、など)

仕事では、インプットとアウトプットの意識をしっかり

価値のある・意味のある仕事をする


この三本柱で、一年よろしく自分。


※さっそく二つ増やした(1月7日)