苦行を喜んで受け入れよ

何がそんなにいやなのだ?

何も成せぬ人生に満足できるはずがないだろう。

何かを成すには何かを為さねばならぬことは明らかだろう。

しかし、自分の目指すものとは異なるもの、他人の目を気にしたり(勝手に)他人に気を使ってしまって、不必要なものまで背負い込む必要はない。

自分の為すべきものとそうでないものの優先順位を間違えぬよう。

為すべき、通るべき苦行は喜んで受け入れよ。

いいね?無駄な気を使う必要はない。

気を使って笑わせようとしたり、無意味に話したり、話を聞いたりする必要はない。

それがほんとうに大事な人でない限り。